すのこベッドとは

すのこベッドは通気性に優れているため、湿気のたまりやすいベッドの中で寝心地が良いと評判です。
元々水場など水はけをよくするために作られたすのこを使っているのですから、通気性に重点を置いているのも当然ですね。
材質は木でできていて、その種類も様々です。

湿気に強い桐、柔らかく香りの良い松、空気を含んで断熱性に優れた杉、柔らかく加工がしやすいのに強度が高いヒノキなど、どれも日本の風土に合った木材です。
すのこベッドは通気性が良いためカビが発生しにくいのが特徴ですが、同時にこれらの木の素材が持つ独自の香りや成分に防腐性や虫に強い働きをさせているのです。
もちろんどの木も湿度に強いので、すのこベッドの材質としてぴったりですし、木そのものにリラックス効果のある香りがあるので、すのこベッドはあらゆる意味で日本の風土と、安眠に適しているようです。

日本の夏で悩まされるのは暑さよりもむしろ湿度だという人は多いでしょう。
すのこベッドは一年中さらさらな布団で快適な眠りに導いてくれます。

すのこベッドの種類

まず、大きく分けて2種類あります。ひとつがベッドタイプのもの。もうひとつが、床に直に敷いて使用するタイプです。前者を「足付きタイプ」、後者を「足無しタイプ」とも言います。

足付きタイプのベッド式すのこベッドは、通常のベッドのように固定式のものと、折りたためる折りたたみ式すのこベッドがあります。

足無しタイプのすのこベッドは、分割式と、くるくると巻いて保管できるロール式があります。ロール式が人気ですね。

また、すのこベッドで使用される木材にも種類があります。湿気に非常に強い「桐」、強度が強く防腐性に優れた「ヒノキ」、柔らかな材質の「パイン」、価格が安めの「杉」が代表的です。